twitter

facebook

line

twitter

facebook

line

気になるオフィス!
他社のオフィスってなんか気になる!いろんなオフィスをご紹介します!

ライター:セッキ―

2021.05.17

Mobility Technologies:リアルもオンラインも。ニューノーマルに適応したオフィス

今回は、2020年12月から新しい拠点で業務をスタートした、株式会社Mobility Technologies(モビリティテクノロジーズ)さんを取材しました!

同社は2020年4月、JapanTaxiと、DeNAのタクシー配車アプリ『MOV』などが事業統合して誕生しました。それまでは渋谷と紀尾井町のそれぞれのオフィスで業務をしていましたが、この度新たな地でオフィスを構える運びとなったわけです!

競合していた会社同士が新天地として選んだ場所は、住友不動産六本木グランドタワー!セキュリティ万全、駅直結で通勤もラク、ついでに東京タワーの夜景も最高!ということで、社員さんたちの評価は上々だそうですよ^^

コロナ下において働き方が大きく変化した同社の、ニューノーマルに適応するオフィス、拝見しま~す♪

それではまず基本情報を整理させていただくべく、今回の移転を担当された、総務部の河岸さんに1問1答させていただきます!

1)席数は?
→従業員数約450名に対し、約半数の250程度

2)利用のしかたは?
→フリーアドレス、一部コ-ポーレート部門のみ固定席

3)出社率、ルールは?
→現在3割程度。特に出社ルールはなく、各部署に任せている

なるほどー。2拠点統合してもフロア面積は倍になっていないのが、リモートワークが徹底されている証拠ですね^^

では、エントランスから参りましょう♪

ばばーーーん!
タクシーの配信アプリが主要事業なだけに、いきなりどデカいタクシーの模型が!!!川鍋会長のお気にいり(?)だそうですが、来訪者と写真撮影できるように「GO」のところまで穴開けちゃうなんて、お茶目すぎます~
(ほんとは本物の車を置きたかったそう^^)

エントランス正面には白い壁になじむ真っ白な大きな棚が設置されています。上段には各種トロフィーや賞状類が。実機もディスプレイされていて、来訪者が同社のサービスを気軽に操作できるような工夫がされています。

角を曲がると来客用の会議室が7つ並びます。会議室のネーミングは、すべて車にちなんだもの!!一緒につけたイラスト、かわいいですね♪

車好きの方たちには楽しんでもらえるのではないでしょうか♬

さらに角を曲がると、ロッカーが。。。

なんとこちら、“置き配”専用ロッカーなんです!!

宅配業者各社それぞれのロッカーになっており、カギは側面につけられたボックスに保管。各社が決めた暗証番号を使ってカギを取り出す仕組みになっているとか!総務部さんが「これだけのために出社する」ということをなくすために工夫がなされています!ビル自体がセキュリティレベルが高いためにできる施策ではありますが、マネしてみたい素晴らしいアイディアですね!!

では執務室におジャマしまーーーす!
おっ、早速ご登場されたのが総務部長の山本さん。MoT-Tシャツでゴキゲンです♪今日はよろしくお願いします^^

こちらもかわいいサインが目に入ってしまった!「Garage」、そう、倉庫のドアでした。

休憩室も撮っておこうっと。

こちら、中央にばばーーんと大きなオープンスペース、「ラウンジ」です。出社したらまずここへきて荷物を置いて、ちょっと一息。そして今日はどこで仕事をしようかな?と考えるのも贅沢な感じですね。

会社のロゴマークがモノトーンでシックな印象なのに対して、ラウンジの雰囲気は「おうちの延長線」^^
リラックスした落ち着きのあるグリーン系にまとまってます。

この椅子欲しいと思ってたんだよなぁ、、脚とキャスター部分がミニマムな感じがいい。コクヨ製品ですね。

ソファとソファの間はこんなふうに板張りになっているので、自然とソーシャルディスタンスが保てます。カバンを置いたり電源差したりして使えますね~

ラウンジの大きな窓から東京タワー^^
夜になると皆さんここに集まってくる、という仕掛けになっているそう。ほんと、夜景きれいそうですね!

あっ、タクシーアプリ「GO」のTシャツ!(デザイン違い^^;)社員の皆さんに配られているそうです^^
ラウンジの横は自販機、電子レンジ、ドリンクなどのコーナーになっているので、自然と会話が生まれそう。

柱に大きく書かれたミッション。遠くからでもよく見えます!出社頻度が低下しているいま、出社するたびにミッションや理念を思い起こし、目に焼き付けていく、というのは必要な工夫なのかもしれません。

中央から右のほうはコーポレート部門の固定席、とさらに一番奥のほうのテーブルはパーテーションで区切られており、カスタマーサポートになっています。

WEB会議の頻度が高まったため、以前のオフィスでは会議室不足が課題として挙がっていたそう。今回のオフィスでは、窓際をすべて使ってあらゆるタイプのワークスペースを取り揃えました♪右から、ちょっとパーテーションが高めの半個室、完全個室のフォンブースですね。

こちらは景色を見ながらお仕事できる集中ワーク用のお席。

L字型の半個室。ソロワークしつつオンライン会議も。筆者はココが好き♪入り浸ってしまいそう~

ちょっと広めの4人で使える半個室。

全部で6種類ものパターンがありましたね!

・ラウンジのオープンスペース
・フォンブース
・一人用半個室
・L字型半個室
・4人用半個室
・集中席

「社員にとっては、従前の固定席より選択肢が増えたのでよかったと思います」とのこと!今日の業務の内容によって、場所を選ぶことができるABWスタイルですね。また、役員さんたちの座席が決まっていないため、気軽に声をかけられる、と社内の雰囲気にも一役買っているそうです。

最後にもう一度、総務担当/河岸様にインタビューさせていただきました。

―今回一番こだわった部分は?

河岸:ニューノーマルに適応するオフィス、がテーマです。リアルのやり取りが減少し、オンラインが主流というニューノーマルな働き方へ適応すること。また、自然発生的なリアルコミュニケーションを活性化させるための動き、これを設計の中でバランスよく組み合わせるよう努めました。

例えば以前の紀尾井町のオフィスでは、フロアがいくつも分かれていたため、コミュニケーションにおける物理的なハードルがありました。新オフィスではオープンスペースを多く作り、中央に置くことで他部署同士や役員とのコミュニケーションも自然に生まれるように仕掛けたつもりです。

―今後のことについて聞かせてください

河岸:リモートワークが定常化し、もしコロナが落ち着いたとしても100%出社に戻す、という可能性は低いと考えています。かといって、リアルコミュニケーションがなくなるわけではない。完全にオフィスを手離す選択は当社にはありません。

統合(設立)一周年のイベントをラウンジで開催しましたが、オンラインとオフラインを掛け合わせたイベントを今後もやっていきたいと思っています。いかに「出社したい、と思ってもらえるオフィス」にできるか、が課題です。”しないで済むならなるべく出社したくない”という心理はだれしもあると思うので、オフィスに来たときに居心地がいいと思ってもらえるのが目指すところですね。

GOの中に映っているのが代表取締役会長の川鍋氏、後部座席が総務部河岸さん♪ 前方が、当社のオフィスのソムリエ/佐藤です!

今回の移転では、コンペ代行や設計/施工のアドバイスなどのお手伝いさせていただきました^^
よろしければこちらもご覧ください→プロジェクトサポート実績のご紹介

本日はありがとうございました!

     *     *     *     *     *

2社(2つの事業)が統合されたことによる移転では、社員たちの心のケアも必要になってきそうですが、そこへコロナ禍も重なり、プロジェクトはかなり気苦労があったのではないかと拝察します。通常は、「初めての新しいオフィス」に、「同僚になる人と“初めまして”」なんてことになりますから・・・
でも同社が行ったことは、移転以前からのオフィスシャッフルでした。1年近く前から、渋谷を開発拠点、紀尾井町をビジネス拠点として、一部社員さんの活動の拠点を分け、社員をシャッフルしていたそうです。これにより、社員同士の面識もでき、大きな不安ごとなく移転プロジェクトは終了し、無事に業務開始。

オフィスというハコだけでなく、社員さんたちのことを考えられた施策が諸所に見られ、参考になりました。コロナ禍が収まったころにまた訪問してみたいです^^

Infomation株式会社Mobility Technologies

*従業員数:約450名(うち座席は約半数、出社率は3割弱程度)※2021年4月現在
*規模:586.84坪
*設計施工会社:コクヨ株式会社(3社コンペにて選出)
セッキ―

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

2014年入社、当社で初めてライターに挑戦。キャリアのスタートは銀行員、その後リクルートグループ、大手税理士法人、スポーツアパレルなど複数の事業会社で管理部門、企画部門、秘書などを経験しながらカルチャーショックのシャワーを浴びまくる。2度の高齢出産を経て復職し、現在家事・育児・リモートワークに奮闘する毎日。無類のコーヒー好きで趣味はハンドメイド。いつかはインタビューされる側になりたい!

この人が書いた記事一覧へ

セッキ―

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

2014年入社、当社で初めてライターに挑戦。キャリアのスタートは銀行員、その後リクルートグループ、大手税理士法人、スポーツアパレルなど複数の事業会社で管理部門、企画部門、秘書などを経験しながらカルチャーショックのシャワーを浴びまくる。2度の高齢出産を経て復職し、現在家事・育児・リモートワークに奮闘する毎日。無類のコーヒー好きで趣味はハンドメイド。いつかはインタビューされる側になりたい!

この人が書いた記事一覧へ

  • すべて
  • 気になるオフィス!
  • 気になるこの人!
  • 気になるグッズ!
  • 気になるワダイ!

気になるオフィス!

Mobility Technologies:リアルもオンラインも。ニューノーマルに適応したオフィス

2021.05.17

Mobility Technologies:リアルもオンラインも。ニューノーマルに適応したオフィス

気になるオフィス!

世界規模でオフィス全閉鎖・リモート移行に踏み切ったSlackのワークプレイス戦略とは

2021.05.14

世界規模でオフィス全閉鎖・リモート移行に踏み切ったSlackのワークプレイス戦略とは

気になるオフィス!

ついにオフィス完全脱却へ。CINRA”フルリモート化”の舞台裏

2021.02.26

ついにオフィス完全脱却へ。CINRA”フルリモート化”の舞台裏

気になるオフィス!

R-StartupStudio:「全員が主役になれる社会の実現」のためにスタートアップを支援する新たな仕掛けを徹底取材

2021.02.26

R-StartupStudio:「全員が主役になれる社会の実現」のためにスタートアップを支援する新たな仕掛けを徹底取材

オフィスのソムリエサービスとは?

オフィスの日常運営におけるニーズやオフィスの構築・移転・改修に関するご相談、お問い合わせに、経験豊富なスタッフがお答えいたします。お問い合わせ・資料請求はお気軽にどうぞ。

当法人は、みなさんの協賛を得て
活動しております。

And more