twitter

facebook

line

twitter

facebook

line

気になるワダイ!
最新サービスやワーキングスペースのこと、ときどきチェックしてね!

ライター:マーシー

2020.08.24

この時期に改めてワーケーションを考える~三菱地所がWORK x ation ポータルサイトを開設~

全国各地で、依然、40度に迫る猛暑日が続いていますが、夏本番はこの後もしばらく続きます。今年は新型コロナの影響もあり、通勤の頻度は例年に比べて減ってはいるものの、それでも出社の日は、熱気との闘いですよね。

ところで皆さま、「ワーケーション」という言葉をお聞きになったことはありますか?

今回は、7月27日(月)にオープンしたばかりのWORK x ation ポータルサイトをご覧いただきながら、同社が取り組む、ワーケーションプロジェクトについて、お伝えしてみたいと思います。

ワーケーションって何だろう?

そもそも「ワーケーション(Workation)」とは、「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語。「リゾート地や地方などの、普段の職場とは異なる場所で働きながら、休暇取得などを行う仕組み」のことを指しています(JTB総合研究所HP を参考に編集)。

企業にとってのメリットは?

導入する企業にとっては、自社の従業員の年次有給休暇を取りやすくする効果や、柔軟な働き方を実現する施策として、ここ数年、注目を集めています。こうした取り組みを会社主導で進めることで、なかなか取りにくかった有給休暇も、俄然、取得しやすくなり、従業員の満足度も向上するのではないでしょうか。

従業員側のメリットは?

一方、利用する従業員にとっても、大きなメリットがあります。「しばらくまとまった休みが取れてないからそろそろ休みたいけど、仕事も切れ目がないから、難しいかな…」と感じる方も少なくないのでは。そういう時に、休みの気分を満喫しながらも、仕事が滞らないようにしたい、というニーズを満たせるのが、このワーケーションのメリットなのかもしれません。

三菱地所が取り組むワーケーション

では、三菱地所が提唱するワーケーションとはどのようなものなのでしょうか。同社によると、“ワーケーションとは、本施設(下記参照)利用者が心を解き放ち、イキイキと働ける環境によって、「モチベーション向上」「生産性の向上」「イノベーション創出」といった効果を生み出す取り組みの一つと捉えています。そうした環境を活かし、プロジェクトチームによる会議や、企業による短期研修をはじめ、都心では体験できないCSR 活動等、様々な利用シーンを想定しています”と、ワーケーションの従来の意味合いに対して、実に幅広い定義をされています。施設は、和歌山県の白浜と、長野県の軽井沢の2拠点がすでに開業済みです。

白浜のワーケーション施設

2019年5月に開業された、同社のワーケーション施設第一弾の白浜。南紀白浜空港から車で約5分、南紀白浜ICから車で約10分の好立地に位置しています。繁華街やビーチにも近いため様々なプランを組み合わせることができそうですね。

白浜が一望できる場所

外観

16名収容できる専用室

軽井沢のワーケーション施設

こちらは2020年7月に開業。JR軽井沢駅から車で約5分、徒歩約14分。緑に囲まれた六本辻ラウンドアバウトに面する施設となっています。チームビルディングアクティビティや、軽井沢銀座等の繁華街にも近いため、様々なプランを組み合わせることができそうです。東京からの日帰りも可能な、素敵な立地ですね。

外観

1F オフィス

新型コロナウイルス感染予防対策も万全

施設運営にあたっては、新型コロナウイルス感染予防を目的とした、施設空間内の抗菌コーティングをはじめ、非接触型スマートロックやハンドソープの採用、アルコール除菌清掃、アクリルパネル設置等の感染症対策を実施するなど、今のご時世にも安心して利用できる様々な施策が取られています。

新たにポータルサイトを開設

2つ目の拠点となる軽井沢施設の開業とあわせて、同社はWORK x ation ポータルサイト(https://workxation.mec.co.jp/)を開設しました。 開設に際し、ワーケーションに注力している和歌山県 、および、広島県福山市とも連携し、各自治体のワーケーション情報も掲載。

同サイトでは、施設の予約はもちろん、JTB社 と連携することにより、都心では体験できないチームビルディングのためのアクティビティやCSR 活動をパッケージ化して提案。利用者のニーズに沿う、カスタマイズされたわーケーションプランを申し込むことが可能となっています。

また、自治体発信のワーケーション関連情報も掲載。今後は、三菱地所運営ではないワーケーション施設の情報も掲載される予定です。まさに、ワーケーション関連の総合ポータルサイトとなりそうな予感です。

ポータルサイト

気になる活用方法

同社が「短期利用ニーズ」として提案しているのが、

・ Location(場所)を変え、Motivation(動機)を高め、Communication(対話)しながら、Innovation(革新)を起こす企業のプロジェクトチーム等による活用
・ 新商品・新事業開発等の為の短期集中合宿
・ 各種研修や現地ならではの体験をするCSR 活動
・ 有給休暇と組み合わせた利用
・ テレワーク(モバイルワーク)

また「中長期利用ニーズ」として、

・ 新型コロナウイルスの影響によりニーズが増えているBCP 対策(感染症発症に伴う事務所閉鎖リスクを踏まえたオフィス拠点分散化ニーズ)を視野に入れた長期利用
・ 従業員の地方移住など、働き方の多様化の受け皿整備を見据えた利用

このような各種利用シーンを想定されています。「仕事をしながら休暇も」というワーケーション本来の意味を超えて、様々な社会的機能を充実させる可能性を秘めているように思えます。

ワーケーションのこれから

三菱地所は、今後のワーケーションニーズの広がりを見据えながら、施設数やエリアをさらに拡大する方針です。展開エリアの候補としては、主要都市部からアクセスが良い立地を想定。従業員の地方移住など、働き方の多様化の受け皿となる長期利用なども視野に入れているそうです。また、ポータルサイトの運営を通じ、様々な自治体とワーケーション利用企業を結ぶ役割も担ってゆく計画とのこと。

ワーケーションの広がりにより、「働き方改革」と裏表の関係とも言える「休み方改革」が進むことで、全国各地のワーカーたちが、より健康的かつ生産性も高めながら、創造的な仕事ができる社会が生み出される可能性が見えてきました。

新型コロナ問題で外出自粛が叫ばれる中、安心安全なワーケーション施設を活用した、新たな働き方の試みが広がりそうな気配です。

Information・運営会社:三菱地所株式会社
・WORK x ation 公式サイト:https://workxation.mec.co.jp/
・利用料金(和歌山・軽井沢):100,000円(税別)/ 1day
・お問い合わせ:三菱地所株式会社 営業企画部
 TEL:03-3287-4828 お問い合わせフォーム:https://workxation.mec.co.jp/inquiry/
マーシー

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

2019年入社。金融・不動産・製薬などで総務業務に長年従事。オフィス好きが高じて、プライベートでも独自のオフィスツアーを企画するなど、オフィス訪問がライフワークとなっている。週末などに非営利分野の活動も精力的にこなしている。強くないのにお酒好き(焼酎派)。

この人が書いた記事一覧へ

マーシー

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

2019年入社。金融・不動産・製薬などで総務業務に長年従事。オフィス好きが高じて、プライベートでも独自のオフィスツアーを企画するなど、オフィス訪問がライフワークとなっている。週末などに非営利分野の活動も精力的にこなしている。強くないのにお酒好き(焼酎派)。

この人が書いた記事一覧へ

  • すべて
  • 気になるオフィス!
  • 気になるこの人!
  • 気になるグッズ!
  • 気になるワダイ!

気になるワダイ!

BCPのプロに聞く「複合災害」への備え。今こそ見直しを!そして実はいま一番必要なこととは…?

2020.09.23

BCPのプロに聞く「複合災害」への備え。今こそ見直しを!そして実はいま一番必要なこととは…?

気になるワダイ!

備えは万全?ワークプレイスが分散している今、安否確認システムを導入しよう!

2020.09.16

備えは万全?ワークプレイスが分散している今、安否確認システムを導入しよう!

気になるワダイ!

総務のプロ・岡田大士郎さんに聞く~「人」に焦点を当てた、未来のオフィス・未来の総務とは~

2020.09.08

総務のプロ・岡田大士郎さんに聞く~「人」に焦点を当てた、未来のオフィス・未来の総務とは~

気になるワダイ!

9月1日は防災の日。備えは万全ですか?セミナーや役立つ情報をチェック!

2020.08.26

9月1日は防災の日。備えは万全ですか?セミナーや役立つ情報をチェック!

オフィスのソムリエサービスとは?

オフィスの日常運営におけるニーズやオフィスの構築・移転・改修に関するご相談、お問い合わせに、経験豊富なスタッフがお答えいたします。お問い合わせ・資料請求はお気軽にどうぞ。

当法人は、みなさんの協賛を得て
活動しております。

And more