twitter

facebook

line

twitter

facebook

line

気になるオフィス!
他社のオフィスってなんか気になる!いろんなオフィスをご紹介します!

2019.05.08

Legaseed:日本一学生に人気の企業ってどんなオフィス?

「社員20人なのに新卒採用に1万人が殺到!」(※1)
そんなふれこみで噂の、株式会社Legaseed(レガシード)さんに行ってきましたよ。学生に大人気の企業は一体どんなオフィスなのか?!興味津々です。
                         ※1→30人(2019年4月現在)
             『日本一学生が集まる中小企業の秘密 社員20人なのに新卒採用に1万人が殺到』/徳間書店


2フロアに入居する同社、2階は執務室や会議室、3階にイベントスペースやクリエイターズルームなど。全く違うコンセプトの両フロアを、さあ見学スタートです!まずは2階、「都会の秘密基地」から!

こちらが2階のエントランス部分です。急に原始時代に来たみたいですよね。エレベーターの扉が開いた瞬間はもしゃもしゃの藁だけが見えたので「?」が止まりませんでしたよ。藁ぶき屋根の入り口なんて、さすが「秘密基地」ですね。

受付のお電話もこだわりの逸品、といった感じですね。デザイン的に社長のお眼鏡にかない、同時に電話として機能するものを探すのにご苦労されたそうです。

よかった、原始人が出てこなくて(笑)
藁ぶき屋根の奥に案内されると、メインシンボルのバオバブの木がお出迎え。

おお~、明るくて広々とした気持ちのいい空間です。
バオバブはセネガルの言葉で「一千年の木」という意味を持ち、Legaseedも何千年も続く会社でありたいという意味を込めて設置しているそうです。特注でつくったこのバオバブの木にはポストもついていて手紙を入れることだって可能なんです!

カラフルなチェアがポップな印象のフリースペース。天井が低めですがとても広々と感じます。

それぞれのテーブルに別々の小さなゲームが。

代表の亡きお父様が昔ジャズバーを経営されていて、店内を再現した場所。お店で流していたレコードもたくさんあり、代表がレコードをかけることもあるそうです。

奥には来客スペース、キッチンも。かなりお金をかけたとお見受けする換気扇やIHの電磁調理器が!

社食文化を大事にする同社では、社員の当番制で社食を実施していた時期も。コンビニなどで済ませるのではなく、健康に良い食事をとってほしいという想いからスタートしたそうです。普段なかなか一緒に仕事をする機会がない部署の人とペアになることで、コミュニケーションを図ったり、どうしたら手際よくおいしい料理を提供できるか、おもてなしの心や段取り力をアップしたりする目的なのだそうです。

黒板には、同社のマスコットである、しあわせの青い鳥"レガッシー"が描かれています。

ここには曲線を描く大きなライブラリースペース。すべて社長さんが実際に読んでこられたという1000冊以上の本があり、自由に読むことができます。天井には社名の由来である3つの単語、「Seed」「Exseed」「Legacy」が。

ひときわ目に留まってしまったのが手書きのタイトルの小さめブックたち。聞けば、社長のお父様が高校時代に癌でお亡くなりになり、その際に「生きる意味」をひたすら問うた期間があったそう。その時の気持ちや葛藤をポエムにまとめられたそうです。

コートなんかも掛けられるようになってるんですね。。

あああっ!!!開いた!!
おでこをぶつけないように気を付けて入ると、、、

中にこんな和室風の小上がり会議室があったなんて~!
そうそう、コンセプトは秘密基地でしたね。「シークレットルーム」というお部屋だそうです。

ほんとは畳にしたかったそうですが曲線のため実現が難しかったそう。

反対側には、毎年社員から投票で受賞が決まる10個それぞれの賞のトロフィーや、取りあげられた広報記事、「就職披露宴」といって新入社員を新たに迎え入れるイベントのフォトブックも飾られています。毎年全社員のご家族をご招待して開催しているそう。ん~そんなこともやっているのか、、、といちいち気になりますね。

ガラス扉に社名ロゴ、こちらが執務室入り口になります。

こちらには社員さんたちのお写真がずらり。

10の行動指針は壁に掲示されています。前述した10個のトロフィーは、この行動指針を体現できた選ばれしものに授与されるんですね。また、左のモニターに映し出されているのは「コンディションチェッカー」といい社員の体調とメンタルの状況をお天気マークで表したもの。雨マークがつくと、社員がそっと声をかけて気遣ってあげるそうです。

執務スペースは一部を除きフリーアドレス。

奥にある小上がりも、掘りごたつスタイルの「Bridgeスペース」。ここで打合せやチームごとの進捗会議などを行っているそうです。

周囲を囲む棚でありカウンターは、写真右奥はスタンディングもできるハイカウンタースタイル。ですが、手前の棚のほうでもスタンディングでお仕事できるようですね、想定してなかった新たな使い方です。ちなみにたくさん貼りものがしてあるホワイトボードの裏手は倉庫になっていました。収納上手!

さてここからは3階です。主にイベント用のスペースで、「SPACE CAREER」と題した”大学生のための就活ラウンジ”となっています。

これはもう言わずもがなですね。「宇宙船」というコンセプトは、社長曰はく「降りてきた」そうですよ。 無限大に広がるイメージを持つ宇宙は、未来を担う就活生にぴったりですね^^

この入り口のブルーの照明、色が変えられるそうです。

全くの異世界に来てしまった感じです。

通称”宇宙イス”。ここでお仕事をされる方もたまにいるそう。本日はパーテーションの向こうでイベントが行われていたため仕切られていましたが、、、

実際はこのようなフリースペースになっています。どどーーん!

もはや一社に一台?となった卓球台は自由に使用してOK。壁側はモニターが埋め込まれているんですって!スライドも投影可能。なんかすごーい。

受付には宇宙人的なコスプレで立っててほしい(笑)
ルンバがこのスペースをきれいにしてくれてるのですね。

電気のスイッチも宇宙船っぽい!

8人用の会議室と、2人用の個室が二つ。

さらに3名のクリエイターが専用で使用する、クリエイターズルーム。おじゃましまーす。

みなさんでパチリ♪
お三方ともサービス精神旺盛です!ありがとうございます!

最後に、廊下を通って反対側にも大きめのお部屋がありました。通常はクッションが置かれ、リラックスできる空間になっているそうで、「精神と時の部屋」と呼ばれているそうです。本日はチーム会議をされていらっしゃいました。

いかがでしたか?ちょっと長居してしまいました^^;

コンセプトに沿って作られた素敵なオフィスでしたね。小上がりの和風会議室はかなりツボでしたし、筆者としては、ティーカップで提供された熱いコーヒー(最近はペットボトルの水がほとんど)や、執務室に入室した瞬間に全社員が総立ちでご挨拶してくださったこと、「訪れた人へのおもてなしの心」が感じられるオフィスと社員さんたちでした。新卒採用に応募が殺到する理由は、印象的なオフィスだけでなくこんな社風にあるのではないかと思いました。 ご案内くださった田中さん、渡邉さん、ありがとうございました!

ビルの建て替えの関係で今年か来年には移転をされるとのこと。次回また、素敵なオフィスでお目にかかりたいです!(オフィスの広場のソムリエサービスをぜひご活用ください!)

Information株式会社Legaseed https://www.legaseed.co.jp/

*従業員数:30名
*規模:200坪
*設計/施工など:株式会社ドラフト
  • すべて
  • 気になるオフィス!
  • 気になるこの人!
  • 気になるグッズ!
  • 気になるコネタ!
  • 気になるしつもん!

気になるオフィス!

2019.05.08

Legaseed:日本一学生に人気の企業ってどんなオフィス?

気になるオフィス!

2019.04.25

Chatwork:DIYで愛着わきまくり!「働き方をアップデートできるオフィス」

気になるオフィス!

2019.04.12

Pathee:全てが見渡せるオープンな空間

気になるオフィス!

2019.02.21

CaSy:大切にしていることを伝えるメディアとしてのオフィス

オフィスのソムリエサービスとは?

オフィスの日常運営におけるニーズやオフィスの構築・移転・改修に関するご相談、お問い合わせに、経験豊富なスタッフがお答えいたします。お問い合わせ・資料請求はお気軽にどうぞ。